ご提案したセキュリティ対策について大阪で寄せられた質問を掲載しております

お問い合わせはこちら

よくある質問

多くのお客様が疑問に感じるポイントをまとめました

Q&A

安全管理についてよくある質問をピックアップ

会社を経営するにあたっては、社員の安全や管理している情報の保護など、守らなければならないものが多数存在します。大阪で長年技術を磨き、安全対策に関連したノウハウを身につけて来た会社として、お客様の快適でスムーズな経営を支えてまいります。
例えば、ネット犯罪から身を守るためのセキュリティソフト導入やオフィスへの侵入者を牽制する防犯カメラ設置など、多彩なサービスをご提案できます。それぞれのサポート内容に関して多く頂戴した質問については、丁寧な回答と共にまとめて掲載しております。


よくある質問

FAQ

よくある質問【ビジネスフォン】

家庭用電話機とビジネスフォンの違いは何ですか?
家庭用電話機とビジネスフォンの最大の違いは電話機複数台に電話番号が複数利用ができます(家庭用電話機は1台につき1番号)。
ビジネスフォンなら、同時に複数の着信があっても、スムーズに対応できます。また、保留・転送や離れた場所への内線通話も簡単です。
ビジネスフォンの適切な台数は会社の規模や業務内容によって異なります。弊社からなら、最小2台~最大数百台、電話回線の本数は1回線から数百回線までご対応できます。
メーカーも機種もたくさんありますが、何が違うのでしょうか?
通話という点においては、新品と中古に違いはほとんどありません。
新品の方が「メーカー保証」「デザイン性」「通話以外の便利機能」があり金額が高いです。
中古は安いけど、新品ほどキレイではありません。
ただ、弊社は新品も中古も特別プランで、ご提供しています。
ビジネスフォンが壊れたり、古くなりました。どうすれば良いですか?
壊れてしまった場合、お問い合わせください。もし、お困りの場合は弊社にてご対応できます。
古くなったビジネスフォンも品質的には問題ありません。ただ、急な故障や不具合が発生する可能性があります。弊社では古くなったビジネスフォンの後継機をご提案しております。

よくある質問【ウイルス対策】

UTMとウイルスソフトの違いは何ですか?
UTMはネット上からPCに侵入しようとする有害なウイルスをブロックし、 ウイルスソフトはPCそれぞれにインストールしPC内に侵入したウイルスを駆除する役割を持っています。
UTMを導入する前に準備することはありますか?
UTMはメーカーや機種毎にPC接続台数に上限が存在しますので、現在ご利用中、または今後利用するご予定のPC台数を事前にご確認下さい。
UTM申込みに必要な書類等で準備するものはありますか?
お客様が法人の場合、登記簿謄本と代表者身分証明書が必要です。お客様が屋号の場合は、身分証明書が必要です。
※ 起業したてで登記簿謄本がまだ出来上がらないという場合は、身分証のみで取り扱いが可能です。

よくある質問【セキュリティ対策】

防犯カメラの設置を考えていますが、相談は
何処へ連絡すれば宜しいですか?
ホームページのお問い合わせ、又はお電話(072-275-8721)にて、お問合せ下さい。

お客様にお願いして良かったと心から感じていただけるようなサービス提供を目指し、これまで培ってきた安全対策のノウハウを最大限に発揮したサポートを行っております。インターネットは利便性が高い反面、サイバー攻撃によってパソコンから情報を抜き取られるなど、危険性を孕んでいることも事実です。プロの視点からお客様のご利用状況を見極め、安全性を高めるための的確な対策プランをご提示いたします。
そのほか、オフィスを守るという観点から、建物そのものの防犯性能を向上させるために、適所へのカメラ設置や出入りを管理するシステムを導入するなど、多彩なご提案を行っている点も支持されております。また、これから防犯について真剣に考えてみようとお考えの方に向け、これまでサービスをご利用になったお客様から頂戴した質問をまとめて公開しており、検討材料として参考にしていただけます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。